白タクシーとは、タクシー営業に許可を得ず、タクシーと同じようなビジネスをしている車のことを言い、法律に反しているため、見つかると取り締まられるものです。
見分け方は簡単で、実は、タクシー営業に許可を得ているものは、ナンバープレートが緑色なのに対して、白タクシーはナンバープレートが白のものが多いです。ですから、すぐに分かります。取り締まられた場合、道路運送法違反となり、罰を受けることになります。
しかし、最近、一般人による配車サービスが海外で展開されてきたのを見て、白タクシーの規制が緩和されてきています。自家用車を用いた、タクシーと同じようなサービスをライドシェアといい、アメリカや、ヨーロッパでは、すでに広がっています。もしかしたら、違法でなくなる日がくるかもしれません。また、この話を聞いてタクシー運転手という仕事に興味を持った方は、次のサイトを参考にしてみても良いかもしれません。

川崎でタクシー運転手に転職するには?