経営者が従業員とよい関係を築きたいと願うならば、信頼されることがまず大切なことになります。そのためには、「約束を守る」ということが大事です。会社が従業員に対して約束を明示し、従業員に守ってもらうためにあるのが、「就業規則」といえるかもしれません。

入社時は給料や仕事の内容など、不安でいっぱいの従業員に「就業規則」を提示することで、安心させることもできます。また、経営者にとっては、労使トラブルを避けるために、「就業規則」を整備し活用することで、守ってくれるものとなります。

就業規則は労働基準法により、常時10人以上の従業員がいる事業所で作成義務があります。実際に「就業規則」を作成する場合には、厚生労働省のホームページのサンプルも参考になるようです。