パソコンのパーツの役割を知っておきましょう

パソコンを購入する際にどのようなスペックを考慮してよいのか分からない場合もあるかも知れませんが、それぞれのパーツの役割について知っておくのが役立つでしょう。
パソコンには主に構成されるパーツにCPUとメモリ、HDDといった物がありますが、まずCPUというのは作業を行う役割ですので人間の脳に例えられます。

CPUの性能が高いほど処理能力が高いですので、パソコンがスムーズに動くと言えます。そしてメモリはデスクの大きさに良く例えられますが、メモリが多いほどデータを置けるスペースが増えますので、便利に作業する事が可能です。

最後にHDDですが、これはいわゆる引き出しの数と表現して良いでしょう。作業に必要なデータなどを詰めておけますので容量が多いほどたくさんのデータを保存する事が可能です。”