人間と犬の暮らしの中の社会性

現代において、犬たちが、人間との暮らしに慣れ親しんでいることは当たり前のような光景となっていますが、犬たちは、オオカミを祖先にもち、人間たちの都合や用途に合わせて交配、改良が重ねられてきたのです。昨今の小型犬の人気やブームによって、超小型犬を良く目にするようになった背景にも、人の手が加わっているのです。人間との暮らしを可能した、犬たちは、本来群れで過ごす習性のある生き物であります。群れの中で過ごす習性の中には、社会性に優れた性質も持ち合わせています。人間との暮らしの中では、人間と群れを成す分けですから、犬たちは、飼い主さんから社会性を学ぶという事になります。犬たちが飼い主さんたちから学ばなくてはならない社会性は、いくつかポイントがあります。●人間に触れられる訓練●他の犬に慣れる訓練●飼い主やその家族以外の人間との接触に慣れる●室内以外の環境に慣れる訓練●様々な騒音や生活音に慣れる訓練 などの社会性を犬たちが身につける事で、人間との暮らしや環境が、安全で快いものとして支えられているのです。