愛犬の熱中症対策

真夏日の炎天下に外出する事は、人間である私達にとっても熱中症などへの懸念が喚起されるような、世界的な気候の変動がみられています。そのような、気温、湿度の急激な変化は、愛犬達の体調不良を招く要因の1つとされ、その予防と対処法などの予備知識が大切であるとされています。最近では、様々な犬用品が販売される中で、熱中症を意識したようなワンちゃん専用の冷感グッズもみられ、飼い主さんたちの愛犬への熱中症対策への意識も高まっているようです。熱中症への懸念は、屋外で起るだけではなく、室内での環境への配慮も必要であるとされています。真夏の室内では、飼い主さんが外出中であってもエアコンによる室内の温度、または湿度の管理は大切です。愛犬の為には、24時間の空調の管理が重要であるというアドバイスの声が多くあがっています。また、万が一、愛犬に熱中症のような症状がみられるような場合は、迅速な病院での診察が必要です。熱中症は、人間も動物も、一瞬で命を落とし兼ねない疾患であります。もし、愛犬に熱中症のような症状がみられた場合は、お水が飲めるような状態ならば、給水をさせます。また、全身に水をかけたりする事で、体温を下げるような処置を行い、早急に病院で診てもらいましょう。車などで、病院へ向かう間にも、出来る限り保冷材や濡れたタオルなどの冷感グッズを使用しながら、体温の上昇を防ぎます。